チェンマイへ行ったら絶対に食べたいハートのガパオライス

ワット・プラ・シンの近くにある食堂เต็งหนึ่งมุมสบาย(読めません!!)。ここのガパオライスのごはんにはハートマークが付けられています。そのため勝手に「ハートのガパオのお店」なんて呼んでます。

เต็งหนึ่งมุมสบายとの出会い

2013年12月の旅行中のこと。ニマンヘミン通りからトゥクトゥクに乗り、行き先はワット・ロークモリーと伝えました。それなのになぜか着いた場所はワット・プラ・シン。文句を言う語学力はないので、諦めてそこからワット・ロークモリーへは歩いていくことにしました。その途中に偶然見つけたのがเต็งหนึ่งมุมสบาย。

そしてここで食べたガパオライスにすっかりはまってしまい、個人的にはチェンマイナンバー1のガパオライスとなりました。

ハートのガパオライス

ハートのガパオライス
ごはんの上にハートのマーク。(EOS 60D)

こちらがそのハートのガパオライス。ごはんの上のハートーマーク以外は、オーソドックスなガパオライスです。辛さは少し抑え目で注文。

何度食べても、このガパオライスはほんとおいしいです!

ガパオライス
ガパオライス。(EOS 60D)

ソムタムもおすすめ

ソムタム
ソムタム。(EOS 60D)

そしてガパオライスと一緒にソムタムを食べるのもおすすめです。こちらは辛さはまったくなしで注文。大きめの青パパイヤのシャリシャリっとした食感がとてもよいです。

เต็งหนึ่งมุมสบายの外観
เต็งหนึ่งมุมสบายの外観。(EOS 60D)

場所をGoogle Mapで見る

スポンサードリンク